えどかいものひとりあんない【江戸買物独案内】

文政7年(1824)の刊行。上下巻と飲食之部の三冊からなり、
飲食之部には料理、茶漬、蕎麦、鰻蒲焼、鮓、餅しるこにわか
れている。このなかで「御膳蕎麦所」として紹介されているそば
店は次の18店である。
 麹町四丁目・瓢箪屋佐右衛門
 上野仁王門前町・無極庵河内屋瀬平
 浅草西仲町・松桂庵嘉右衛門
 深川熊井町・翁屋源右衛門
 神田旅籠町一丁目・加賀屋利兵衛
 元飯田町堀留・正銘庵
 中橋上槇町・明月堂
 本町二丁目・松月堂
 浅草大川橋前・まきや(薪屋)久兵衛
 ふきや町かし・小泉ことぶき庵
 下谷御成道東叡山新黒門町・小倉亀屋平兵衛
 飯田町仲坂稲荷下裏・磯浪東玉庵清次郎
 神田鍛冶町一丁目・武蔵野与兵衛
 日本橋坂本町河岸・寝覚雪窓庵文吉
 浅草茅町二丁目・うらしま弥八
 御蔵前天王町・梅園五兵衝
 芝三田有馬様前・まつや定言
 麻布永坂高いなりまへ・更科布屋太兵衛


    
    「江戸買物独案内」

「飲食之部・御謄蕎麦所」の項より。