あなごなんばん【穴子南蛮】
    参考リンク  たねもの【種物】


季節蕎麦。穴子を蒲焼きにして、かけそばの上に置いた種物。
短冊形に切ったネギを添える。穴子は七月頃が旬とされ、鰻に似た体型。
調理する場合、まず熱湯をかけた後、すぐに水で冷やし、包丁で皮のぬめりをとる。脂肪が多いので味はやや濃いめにつけると、そばによく合う。
江戸末期にはすでに作られており、嘉永元年(1848)版『酒飯手引草』をみると、江戸馬喰町一丁目角の伊勢屋藤七が「あなご南蛮」を売り出している。