だいこんそば【大根蕎麦】
    参考リンク  きょうどそば【郷土蕎麦】


ダイコンをせん切り、または細かく刻み、ゆでたものをそば切りと和えたもの。ダイコンは消化を助けるが、めん類にダイコンをつける慣習は中国から伝わった。
十返舎一九の『諸国道中金草鞋』奥州路之巻に、矢吹の宿(福島県西白河郡矢吹町)のそば屋で弥次郎兵衛と喜多八が「こいつは大根そばではない。そば大根だ」と名物の大根そばを食べてこぽすくだりがある。つまり、そばが少しでダイコンばかりだ、というわけである。ダイコンのせん切りを混ぜたそばを岩手では「ひきなそば」、佐渡の海府地方では「そばのセンゾボウ」、鹿児島では「大根そば汁」などと呼んだ。
青森県上北郡七戸町では、ダイコンを細かに刻み、ゆでてからそば粉に打ちこむ変わりそばの「大根そば切り」がある。
茨城県東茨城郡御前山村野口では、胸やけがしないといって、ダイコンをせん切りにしてそばと一緒にゆでる。
群馬県新田郡生品村(現・新田町)ではダイコンとそばを同量で合わせる。
また、静岡県御殿場市山の尻では、つゆに油揚げやシイタケをせん切りにして入れ、醤油で味つけし、つけたり、かけたりして食べる。
ほかに、栃木県河内郡上河内村・那須郡西那須野町三島・小山市生良、山梨県南巨摩郡身延町下山、新潟県佐渡郡真野町などでも同様のものがみられる。山梨県北巨摩郡高根町東井出では大根うどんにする。

十返舎一九の『諸国道中金草鞋』より、
大根そばをめぐる場面。