でまえ【出前】
そとばん【外番】


           参考リンク   そばやのしょくせい【蕎麦屋の職制】
                 


料理を配達して客前に届け出すこと。これを運ぶ人を「外番」、「かつぎ」、ないしは「出前持ち」という。
すでに享保(1716〜36)ごろ「そば切りゆでて、紅がら塗りの桶に入れ、汁を徳利に入て添きたる」(『還魂紙料』下)とある。出前膳に山と積まれたせいろや丼を「手持ち」、「肩持ち」で運ぶのは特殊技術といえる。
そば屋の外番には、江戸時代からの寄子の古い伝統があって、生のよい一種の侠気が流れていた。けんどん箱に天秤棒の昔のかつぎはさておいて、明治になっても「長半纏、黒襟の無双に紅網裏(もみうら)」という芝居ながらの格好で、寒中も素足に麻裏(麻裏草履)というのが決まりだったという。

出前
職人技の出前持ちの姿。今では見られなくなった。
(昭和初期の有楽町更科(日劇前)の店頭風景。)
セイロや丼を高く積み上げて肩にのせる。
かつぐ重さは、写真のもので「もり」22個、9s以上になる。当時売り上げ高日本一と云われていた。



でまえき【出前機】
 
出前用に開発された、品物の運搬装置。自転車やバイクの荷台に取りつけて用いる。
坂道でも水平を保ち、凸凹道でもショックを受けない緩衝装置であることが条件となる。そば店の当麻庄司(東京都目黒区)が発明した。
昭和三十年(1955)に実用化され、四十年(1965)には装置販売の会社が設立されている。出前機は、出前膳に山と積んだものを安全迅速に運搬するために考案されたもので、交通事故の防止もかねている。特許登録されたが、正式な名称は「出前品運搬機」である。


でまえりょう【出前料】
  
出前の運び料として定価に加算されるもの。
大正九年(1920)、東京・京橋区鈴木町八番地(現・中央区京橋2−11)の藪伊豆の主人・野川仲吉は、人手不足のため従来のもり・かけ10銭を、出前に限り15銭とする広告を出した。出前料の先駆者といえる。