はっしょうち【発祥地】
そばきりのはっしょうち【蕎麦切りの発祥地】

                               参考リンク  蕎麦の語源

@ 尾張藩士で国学者の天野信景が書いた雑録『塩尻』巻十三、宝永年間(1704〜1711)の蕎麦切りの条に「蕎麦切りは甲州よりはじまる。初め天目山参拝多かりし時、所民参拝の諸人に食を売に米麦の少かりし故、そばをねりてはたご(旅籠)とせしに、其後うどむを学びて今のそば切りとはなりし、と信州人のかたりし」とある。天目山は山梨県東山梨群大和村木賊にある臨済宗棲雲寺の山号。
A 宝永3年(1706年)彦根藩士で芭蕉の門人森川許六によって「風俗文選」が紹介された。その中に、「蕎麦切といっぱ(いうのは)、もと信濃ノ国、本山宿より出て、あまねく国々にもてはやされける。・・・」とあることから本山宿(中山道の洗馬と贄川との間にあった宿駅で現在の塩尻市宗賀)が「そば切り」の発祥地とされている。
太田南畝著『壬戌紀行』に「本山の駅には、うどん・そば切り・しっぽく、といふ看板多し」とあり、また狂歌師蜀山人としては「本山のそばは名物と誰も知る 荷物をここにおろし大根」と洒落ている。

両書により甲州天目山説と信州本山宿説をあげたが、正保二年(1645)刊の松江重頼編『毛吹草』巻四にも、信濃國の名物として蕎切を記し、「当國ヨリ始ルト云」と割注が付してあるが、本山宿には触れていない。


本山宿本陣前の宿の店構え。
「当宿名物そば差上申候」とある。

(文政十年・1827版『諸国道中商人鑑』
中山道之部より)

天目山に建てられた「蕎麦切発祥の地」の石碑