いんご【隠語】
かくしことば【隠し言葉】
                 参考リンク  とうしことば【通し言葉】

蕎麦屋の間にだけ通用する隠し言葉。

あおい 【葵】 そばの女房言葉。ソバの実の三稜はミカド(三角)とミカド(帝)に通じるので京都の御所では忌み言葉とされた。そこでソバの葉と葵(アオイ)の葉が似ているところから、そばのことをアオイといった。
いかけ 【鋳掛】 二人以上の注文の品を一緒に出すとときの麺類店の通し言葉。文化(1804〜18)末年、大阪に夫婦連れで土瓶の焼きつぎに歩いた鋳掛屋があって評判になり、三代目中村歌右衛門がこれをモデル所作事を演じたことから、夫婦一緒に歩くことを「鋳掛け」といった。
いかだ 【筏】 こねが軟らかいため、包丁で切ってあっても、茹で上げたときめん同士がほぐれず、筏のようにくっついた状態を言う。
いた 【板】 @ 板前または板元の略。料理人。
A 板かまぼこの略。「イタ」または「イタツケ」とも。
B そばが切れていないめん帯の状態のこと。
うすずみ 【薄墨】 女房言葉で「そばがき」のこと。
その色合いから出た表現と思われる。宝永8年(1711)版『女重宝記大成』に「そばかいもちは、うすすみ」とある。
おいうち 【追い打ち】 そば店で閉店間際にそばが足りなくなり、急場をしのぐ量のそばを打つこと。「追いかけ」とも。
おいかけ 【追い掛け】 追加すること。途中で足りなくなったので、汁の追い掛け、生(そば)の追いかけ、というように用いた。
おか 【岡】 「通し言葉」で、岡にあがっているということから「岡で天ぷら」と通されると、天ぷらだけ別の皿に盛って出される。
おしな 【御雛】 まだ一人前にならない見習い中の者。見習いが空腹をいやすのに飲む蕎麦湯が「おしな湯」。「雛」を「しな」と発音するのは、江戸っ子の言い方。
おしなゆ 【御雛湯】 そば湯のこと。職人はお茶を飲めるが、まだ修業中のお雛(小僧)はそば湯に辛汁を数滴落として飲むところからきた別称。
おひねり 【御捻り】 昔は「もりそば」は二枚と決まっていたが、それをあえて一枚だけの注文を「おひねり」といった。そば店では開店して最初の客が一枚だけの注文の場合、これを特にきらった。包み紙の上部をひねった賽銭または祝儀は、一つしか出さないところから。
かかりもの 【掛り物】 出前のとき、同じ方向の他の分があれば、それも併せて持ち出す。その分の物をいう。
かわり 【代り・替り】 そば職人が定雇いの代わり(替わり)に臨時に雇われること。
きたずめ 【北詰】 そばのこと。
かって大阪堂島橋の北詰で相場が立ったので、相場を「そば」にもじったもの。シマ(島)とも。
きん 【斤】 蕎麦屋の通し言葉。
そばの量を多くして出すこと。「きんで願います」と使う。反対語は「さくら」「きれい」。
ごつごう 【御都合】 種物の下ごしらえが出来た中台が、釜前(ゆで方)にそば(うどん)を振る(温める)ことを促す言葉。
さがり 【下がり】 職人が不始末をのため解雇されること。
さげなわ 【下げ縄】 江戸は「そば」、上方は「うどん」のことを指す言葉。(大工用語)
略してナワ(そば)ともいう。(咄家用語)
さんかく 【三角】 ソバのこと。
ソバの実は三角だから。略して「カド」ともいう。夏角、秋角という。
しるかん 【汁看】 汁がなくなったので看板(終業)にすること。そば店では汁は時間をかけて入念に作るので、おいそれと間に合わない。
せきまえ
通し言葉で、急ぎ注文のこと。
そばる 【蕎麦る】 そば一杯で辛抱する。昭和20年頃、学生の間ではやった言葉。
だき 【抱】 エビの天ぷらの二本揚げのこと。抱き合った形で揚げる意。これが三本になると「三本つまみ」という。」
つきなみ 月並】 かって職人あるいは雇主が寄子部屋(現在の調理師紹介所)に支払う月々の手数料のこと。また、雇用の有無にかかわらず納める手数料をステツキナミといった。
ばく 【泊】 前日に仕込んだもの。「とまり」ともいう。「ばくそば」、「ばく汁」などと使う。
ひきばこ 【引き箱】 出前になりすまして、けんどん箱を下げて代金を詐取すること。それを防ぐため、昔は出前には屋号入りの半纏を着せ、夜は提燈を持たせた。薬味のかけ紙にも「ひるははんてん、夜はちょうちん」と書いてあった。
みかど 【三稜】 ソバの実のこと。「あおい」(葵)