かいかなんばん【開化南蛮】
                    参考リンク  たねもの【種物】


明治初期の文化開化にちなんで創製された種物
当時の牛鍋流行の影響を受けて、牛肉を具に使ったそばのこと。
明治9年(1876)に上野・無極庵、同12年(1879)に池之端・蓮玉庵が「牛開化そば」を売り出している。「鴨南蛮」のように品書きには定着しなかった。