かけ【掛け】
かけそば【掛け蕎麦】

     参考リンク   ぶっかけ【打掛け】


「掛けそば」の略称。
江戸の元禄(1688〜1704)頃から「ぶっかけ」と称して丼にそばを入れ、上から汁をかける冷やがけが現れた。これが現在の「かけ」の原型で、その後、寒い季節にはそばを温め汁を熱くするようになり、器も一つですむところから方々で売り出した。「ぶっかけ」が「かけ」になったのは寛政(1789〜1801)になってからである。

島根県出雲地方では、そば振る舞いをするとき、客の背後から客の知らぬ間に椀のなかへお替わりのそばを移すことをいう。客に「もうたくさん」と、椀の蓋をして断わられないようにするのが、勧め上手とされている。