そばかるた【蕎麦歌留多】 
いろはがるた【いろは歌留多】

                       参考リンク そばおんど 【蕎麦音頭】
                              そばづくし【蕎麦尽】

「新編そば物語」の著者である長野の岡沢木一郎が昭和八年(1933)、そば食の普及PRをかねて、「そば屋の歌留多」を制作、刷り物にして広く配布した。才気溢れた作品となっている。

勢いをつけよお客の迎え声
緑青(ろくしょう)に気付け銅鍋、銅杓子(しゃもじ)
繁盛の木の根油断の虫が食い
ニコニコの店に閑なし客の山
ほめられて気をゆるめるな塩加減
平常によく気おつけよ初得意
遠くともいやな顔すな客大事
散らかった店にはお客は寄りつかず
流行は着物にきずに 店へかけ
塗物は手置き一つぞ倍保つ
    (手置き=心を配って取り扱うこと)
留守にして客待たせるな釜の前
岡持も光らせておく気働き
傍道(わきみち)へ寄るな出前の往きもどり
勘定に注意、お礼もていねいに
用心は病気・戸締まり・火のまわり
畳から拭いて清めよ酒のしみ
料理場に錆びた包丁、赤い恥
損得は二の次にして親切に
追従に乗るな世間の口車
値で売るな味と仕事と品で売れ
流し尻浚(さら)わぬ人は借りも溜
来客に頭は重く尻軽く
無理のあることにも堪えよ主仕え
運は天に任せて働く人へ向く
居眠りは不体裁ぞや 店の番
のびたそば売る 店だんだん縮こまり
おいしさも、まずさも一つは 店気分
組合は仮の兄弟むつまじく
約束を守れ、信用は資本なり
真っ白な顔、真っ黒な足の裏
けんどんな挨拶、客も逃げてゆき
拭き込んだ格子に客も吸い込まれ
広告の奥の手、味もよく、もりもよく
衛生の頭でかける拭き掃除
ていねいは下手も上手の仕事をし
愛嬌が看板になる新のれん
災難に我をば折るとも気を折るな
切手にて注文格別愛想良く
有名になるほど店の腰低く
麺棒でそばも身上も打ち伸ばせ
磨け腕、自慢は道の逆戻り
仕入れ物すべて現金、借りぬよう
営業に上下はないぞ勇気出せ
控え目に費わぬ財布足を出し
もったいな、ゆめ忘れるな客の恩
せかれても、あわてず急げ落ち着いて
吸い殻はすぐ片付けよ煙草盆