かつおぶしきり【鰹節切り】  「変わりそば」の一種。


鰹節をそば粉に練り込んだ変わりそば。
鰹節を薄めにかき、ほうろく(焙烙=茶・コマなだをいる素焼きのなべ)で焙って乾燥させたのちにミキサー入れて粉にし篩いにかける。ほとんどむだなく粉になる。そば粉に対して一〇%程の分量が必要。一sのそばをこね上げるためには、鰹節一本の半分以上を削らなくてはならない。茶色の変わりそばが出来る。