かわかみそば【川上蕎麦】
    参考リンク   きょうどそば【郷土蕎麦】


信州蕎麦の一つ。長野県南佐久郡川上村は千曲川上流の山間地。かってはソバに依存した食生活であった。そば焼き餅、手打ちそば、また「梁越し(はりこし)」と呼ぶ独特のそば餅も伝えられる。
良質のソバ産地として知られた時期もあるが、近年はソバの生産は少ない。


そばやきもち【蕎麦焼き餅】
そばもちをもう一度焼いたのが「そば焼きもち」である。長野県南佐久郡川上村は千曲川の最上流にある素朴な村落で、かつて川上ソバは信州ソバの代表的銘柄に数えられた。
そば焼きもちは、
まず、ネギ味噌とユズ(風邪を引いたときは唐辛子を加える)を混ぜたそばがきをこしらえ、椀にソバ粉をまき、水を少しさしてから、先に練ったそばがきを落とし、その上にも粉をふりかける。そばがきを上に飛ばしては椀に受ける動作をくり返し、ときには高く上がって梁を越すことがあり、「梁越し(はりこし)」の名が起こつた、という。そうして練りあげたのをカシワの葉に包み、熱した炉灰に埋け、火が通ったところを見計らって取り出す。温かいうちに食べると、そばの香りが漂ってうまい。