きのみきり【木の実切り】  「変わりそば」の一種。


木の実をそば粉に練り込んだ変わりそば。
木の実なら何でも良いが、胡桃(くるみ)や銀杏(ぎんなん)は別。(胡桃切り銀杏切り参照)
松の実などがよい。木の実類は輸入品がほとんどだが、塩漬けや塩味を付けていない物を使う。良く炒りすりつぶし、裏ごしにかけて、そば粉の重量の五%程を混入して練り込む。