きりばん【切り板】
                参考リンク  そばのどうぐ【蕎麦の道具】
                        そばうち【蕎麦打ち】


手打ちそばを切るためのまな板。
使い込むうちに狂いが出てきた場合には、削りなおすこともできるので、やや厚手のものがよい。
材質は、いちょう、朴(ほお)などが一般的だが、檜の柾目板が最高とされる。なかにはべた接(は)ぎという高度な技術で檜の柾の小口を数百枚貼り合わせて作った切り板もあり、これは耐性、狂いが少ないなど、切り板としてはもとも優れたものとされている。

切り板
檜の柾目材の寄せ木細工のもので最高級品。
両面使え、耐久性が高く、狂いもない。