もりそば【盛り蕎麦】
   参考リンク  ざるそば【笊蕎麦】


もともと「そば切り」は、汁につけて食べるものだったが、元禄(1688〜1704)の頃から、汁をつけずにそばに汁をかけて食べる「ぶっかけ」がはやるにつれて、それまでの汁につけて食べるそばと区別する必要が出てきた。そこで生まれた呼び名が「もり」である。安永二年(1773)版『俳流器の水』初編に「お二かいハぶっかけニッもり一つ」の句が見えるので、すでにこの時代には一般に使われていたようだ。「蒸籠に盛る蕎麦を盛りといひ、盛蕎麦の下略なり」と『守貞漫稿』にあるが、「高く盛り上げるからもり」ともいわれる。