にしんそば【鰊蕎麦】
    参考リンク  たねもの【種物】


ニシンを煮て具にした種物。
身欠きニシンを二日間水で戻し、軟らかくなるまで甘辛く煮る。煮上がったニシンを丼の底にへ置き、その上にそばを盛り、汁を張る。
そばとニシンの陸と海の味の取り合わせで、明治十五年(1882)頃京都の「松葉」二代目松野与三吉により考案された。かって北陸から陸送されてきたニシンや棒ダラを料理に上手く生かした京都人の知恵の産物といえよう。
薬味は、きざみネギと七味唐辛子である。鰊の棒煮は市販されており、家庭でもその味が楽しめる。