のしぼう【延し棒】  
うちぼう【打ち棒】  
めんぼう【麺棒】
    
                   参考リンク    そばどうぐ【蕎麦道具】
                          そばうち【蕎麦打ち

                             のしだい【延し台】

そばを打つ時に使う棒。地方では一本で兼用するが、江戸風は三本を使用。
江戸流に使用されている三本の打ち棒は、のし棒一本はやや太く短く、直径3p、長さは約90p。巻き棒二本はやや細く長く、2.4p位の太さで、長さは120p以上である。
材質には、檜(ひのき)が最良とされ、他に樫(かし)、朴(ほう)の木が用いられる。 

打ち棒は細い方が麺帯の生地の密度が高くなり、表面が荒れず、肌がなめらかで粘着力のある麺帯に仕上げることができる。そのためには、細さと同時に、ある程度打ち棒の材質の柔軟さと軽さが要求される。逆に太くなるほど、生地が荒れやすくなる。
打ち棒の弱点はソリで、いったんソリが生じてしまうと、元に戻らない。選ぶ時には、どの部分から木取りされたか、節目がないか、柾目が通っているか見極める必要がある。
また、ソリを防ぐために、麺棒かけを設けるとよい。設置の場所は、直射日光の当たらない、温度差の少ない、湿気が遮断されていることが条件である。地方へ行くと、桐やかしといった材質のものや、太いものもみうけられ、その土地に伝わる打ち方によって、道具の変化がみられる。