そばごはん【蕎麦御飯】  

           参考リンク  そばりょうり【蕎麦料理】


ソバの実(ヌキ)だけか、あるいは何割か米を混ぜて、ご飯のように炊く。また、普通にご飯を炊いて器に盛り、煎ったソバの実をちらし、味つけに少量の塩をふって作る場合もある。
 

鯛の腹皮や中骨の付いた切身をまず白焼きにしたあと、身をほぐす。小茶碗に、底から小量の御飯、鯛のそぼろ、御飯、鯛のそぽろの順に入れたあと、一番上にそばを薄く置いて蓋をする。
この小茶碗を強火で五分間蒸す。蒸しあがったところで、吸物よりやや濃い目の汁をかけ、蓋をして出す。薬味はわさび大根(おろし大根とわさぴをまぜ合わせたもの)、刻みねぎ、のりなど。
また、御飯を使わず、ほぐした鯛の身を鉢に入れた熱いそばの上に乗せ、かけ汁には三つ葉を入れて沸騰させたものを、その上からかけて出すのも美味しくいただける。この場合の薬味はわさびがよく合う。