そばきって【蕎麦切手】  

      
そばを配る代わりにそば札を渡し、必要に応じて使える商品切手の一種である。そば札にはそばの枚数や金額が記してあり、引っ越しなどにも用いられる。
享和三年(1803)版『三座例遺志』に、立物の役者が舞台でとちったとき、福山からそば札を取りよせて銘めいに配ったとある。 

そば切手
右は園山屋、左は瀬川とい
う店のそば切手。