そばごめ【蕎麦米】


 「玄そば」を水から煮て、殻の口が開く頃塩を入れ、それから取り出してムシロ干しする。そばの稜を崩さないように脱穀するが、塩加減(水の量の一%)と干し具合に秘訣があるという。
昔はアワ、ヒエと混食したり、ハレの日にイリコのだし汁に油揚げ、豆腐、サトイモ、刻みネギと、このそば米を入れて吸い物にした。
信州のそば米が古くから知られ、徳島県では三好郡東・西祖谷山村をはじめ、吉野川南岸の山間地帯の特産である。また、山形県麻那山の山麓一帯にはそば米と同じ「むぎそば」が伝えられたが、現在では酒田市の名物となっている。