そばもち【蕎麦餅】
             参考リンク   そばがき【蕎麦掻】

そばもちは、 「そばがき」のままと、そばがきに漬け物や小豆餡(あずき)をくるむ物とがある。

あずきはらませ
【小豆はらませ】
飛騨地方に伝わるそば餅の一つ。そばがきに塩味の小豆餡を包んで茹でたもの。
ハラマセは孕ませで、妊娠のお腹のようにアズキ餡がふくれるほど入っているから。

そばもちをもう一度焼いたのが「そば焼きもち」である。

かわかみむらの
そばやきもち
【川上村の蕎麦焼き餅】
そばもちをもう一度焼いたのが「そば焼きもち」である。長野県南佐久郡川上村は千曲川の最上流にある素朴な村落で、かつて川上ソバは信州ソバの代表的銘柄に数えられた。
そば焼きもちは、
まず、ネギ味噌とユズ(風邪を引いたときは唐辛子を加える)を混ぜたそばがきをこしらえ、椀にソバ粉をまき、水を少しさしてから、先に練ったそばがきを落とし、その上にも粉をふりかける。そばがきを上に飛ばしては椀に受ける動作をくり返し、ときには高く上がって梁を越すことがあり、「梁越し(はりこし)」の名が起こつた、という。そうして練りあげたのをカシワの葉に包み、熱した炉灰に埋け、火が通ったところを見計らって取り出す。温かいうちに食べると、そばの香りが漂ってうまい。
いびきりもち
   【いびきり餅】
ほどもち
   【火床餅】
そばがきを、囲炉裏の熱灰に埋めて蒸し焼きにするもの。(青森、岩手)
ほどやき
   【火床焼き】
そばがきを作り、囲炉裏の熱灰に埋めて蒸し焼きにするもの。(岩手)
そばぼっとり
  【蕎麦ぼっとり】
山の神祭りの供物の一つで、「そばもち」ともいう。供物はほかに小豆飯、味噌をつけない御幣餅など、いずれも味をつけないで作る。
北設楽郡ではそば団子のこと。(愛知県)
静岡県磐田郡水窪町大野区大沢では、そば焼き餅をいう。(静岡、愛知)
はいやきもち
   【灰焼き餅】、
はいころがし
   【灰転がし】
小麦粉やそば粉をこねたものをひとにぎりほどの玉にして、囲炉裏の熱灰のなかにころがし込んで焼くところからこの名が出た。ほかに「灰ころばし」、「へいころがし」、「灰焼き餅」 などの呼び名がある。主に長野県地方で伝えられたもの。
そばやき
   【蕎麦焼き】
(島根県隠岐)
「そば焼餅」で囲炉裏の熱灰に埋めて蒸し焼きする。
いもやきもち
   【芋焼餅】
長野県木曽郡」)
そば粉とサトイモを練り合わせて焼き上げたもの。
島崎藤村が小説『夜明け前』の中で記述している。
  「それを割ると蕎麦粉の香りと共に、ホクホクするような
   白い里芋の子があらわれる。大根おろしはこれを食うに
   なくてはならないものだ」
うちわそば
   【団扇蕎麦】
うちわやき
   【団扇焼き】
(岩手県大迫町)
 そばがきを縦十三p、横十二p、厚さ一・五pほどの団扇型に固めたものを串にさして焼いたもの。
うちわもち
   【団扇餅】
(秋田県北部)
そばがきを固めて串に刺して焼いたそば焼き餅。クルミ味噌をつけて食べる。
おしとげ【御粢】
        
  
おしとげは粢(しとぎ)(神仏に供える米の餅)の方言で、水に浸けてから臼でついた米をそば粉のなかは一つかみ入れ、木鉢でこねてめん棒でのし、一二pぐらいに切り、焼いて食べる。福島県南会津郡檜枝岐村では、二月八日の事始めに作る。
たらし
   【垂らし】
ジリヤキとも(群馬県利根郡)
そば粉をゆるく溶いて、「焙烙」の上に垂らし焼きしたもの。
かたこもち
   【かたこ餅】
つつけ餅
かっけ餅
@ そば粉をそばを作るようにのし、三角に切って煮る。
  また、練ったものをナマコ型に作り、小口から薄く切ることもある。
  ダイコンの輪切り、豆腐を三角形に切ったものを塩少々でよく煮たところに、
  かっけ餅を入れて食べる。
  あるいは、ネギをすって味噌を加え、さらにすって、つけて食べたりする。
  ネギを同じ方向にすり続けるのが辛くなるコツだという。
  (青森県八戸市・野辺地町・三戸郡五戸町)八戸市・五戸町ではツツケともいう。)
A そば粉を熱湯で湿し、帯状に薄くのし、6p×3pの長方形に切り、同じ大きさに
   した豆腐、ダイコンを一緒に塩味の汁で煮て、汁とともに椀に盛り、ニンニク味噌
   で食べる。(岩手県)
かぶかいもち
   【蕪掻い餅】
秋に穫れたサトウカブを大鍋で時間をかけて煮ると、とろりとした飴のような汁が出る。残ったカブをつぶして水を入れ、そば粉を加えて練り上げて作る。塩味にして食べるが、甘く香りがよい。(青森県三戸郡五戸町)
かますもち
   【叺餅】

@ そば粉一升に湯四合の割でよく練り、それで砂糖味噌かネギ味噌をくるみ、
   柏餅型に作る。さらに柏の葉をぬらしてこれを包み、熱灰のなかで火床(ほど)
   焼きにして食べる。(秋田県鹿角郡八幡平村)
A そば粉に残りご飯を三分の一の量入れ、熱湯で練って薄めに丸くのして、
   半月形に作る。クルミ味噌を入れて包み、沸騰した湯でゆでる。
   そのままか、豆の粉をつけて食べる。(秋田県鹿角市花輪黒沢)

きらずそば
【雪花菜蕎麦】
ソバ殻の混じった粉(メクソまたはソバメという)一升に豆腐粕(おから)二升と塩を入れて混ぜ、臼でつく。その餅を浮き上がるまでゆでる。これを串にさし、味噌かジュウネ(荏胡麻)味噌をつけて食べる。キラジソバともいう。(岩手県二戸郡)
宮城県ではキラズモチという。
はっとう そば粉をこね、3pくらいの菱形で厚さが3oくらいのそば餅を作り、これをゆでて荏(え)胡麻(ごま)味噌をつけて食べる。ハッツウもいう。(福島県檜枝岐村)
「蕎麦かいもちひ、うすゝみやうのものに小豆いれたるをハットウといひ、これをみそしるにしてくふ、此名をセンゾウボウといふをたうび(食び)たり」
(『菅江真澄遊覧記』寛政四年・1792に著した「牧の冬枯」の田名部〔現・青森県むつ市〕での記述)
はりこし
【梁越し】
千曲川の上流、長野県南佐久郡川上村は信州ソバの産地として知られているが、同地方では梁越しと呼ばれるそば餅の作り方がある。
まず、ネギ味噌とユズを入れたそばがきを作る。つぎに椀にそば粉を入れ、水を少しさしてからその上にさきに作っておいたそばがきを落とし、さらにそば粉をふりかける。そしてそばがきを上に放り上げては椀を受ける動作を繰り返してこね上げていく。ときには放り上げたそばがきの玉が梁を越すこともあることからこの名がついた。柏の葉で包み、熟した炉灰に埋め、火の適ったところをみはからって食べる。

おやき【御焼き】 信州の山村の郷土食。小麦粉を練って作った皮で漬物や野菜の味噌和えなどを包み、蒸したり焼いたりしたもの。小麦粉とそば粉を混ぜたり、アワやヒエなどの雑穀を用いたものもある。この皮をそば粉で作ったものがそば焼き餅である。
でっち【捏ち】 残飯を温めて粥状にしてからそば粉を入れ、こねて焼き、味噌をつけて食べる。ゴボウの葉などのカテモノを必ず混ぜたもので、捏ちるからきた名称らしい。(福島県南会津郡檜枝岐村)