そばのはしゅ【蕎麦の播種】
そばのさいばい【蕎麦の栽培】
               参考リンク  あきそば【秋蕎麦】
                      なつそば【夏蕎麦
                      たねまき【種播き】
                      そばのことわざ【蕎麦の諺】

              


ソバは播種から収穫までの期間が稲、麦などに比べ非常に短く、種蒔き後、4〜5日で発芽し、30〜35日目頃に開化最盛期を迎え、70〜80日で収穫適期となる。 また、気候に対する適応性の幅が広く、そして火山灰地や開墾地、さらに土壌の乾燥に強いこと、吸肥性が強いことなど、生育の条件に余り影響されないため、手間のかからない作物といえよう。ただし、霜には弱いため、霜の降りる前に刈り取いねばならない。
栽培方法としては、単位当りの収量の増加を図るため、作付の集団化、機械化の導入などが進められている。やせ地でもよく生育するのを特徴とする。
組織的な育種はほとんど行われておらず、収穫時期によって夏ソバ、秋ソバに大別されている。
「夏ソバ」播種は4月上旬(九州)から6月下旬(北海道)、収穫は6月中旬(九州)から8月中旬(北海道)となる。
「秋ソバ」播種は6月上旬(北海道)から9月上旬(九州)、収穫は9月中旬(北海道)から11月中旬(九州)となる。
    

地域による播種期
「夏ソバ」播種は4月上旬(九州)から6月下旬(北海道)、収穫は6月中旬(九州)から8月中旬(北海道)となる。

「秋ソバ」
播種は6月上旬(北海道)から9月上旬(九州)、収穫は9月中旬(北海道)から11月中旬(九州)となる。
    


そばのさいばい【蕎麦の栽培】

主産地における標準的なソバ栽培技術の要点は次のとおりである。
 
●耕起・整地
耕起の探さは15p程度で、通常ロータリーで耕起・整地を行うが、砕土(さいど)はできるだけていねいにすることが必要である。
   
●播種方法および播種量
ソバの播種はすじまき(条播)、ばらまき(散播) いずれでも良いが、土寄せや薬剤散布を行う場合はすじまきとする。
最近は省力化を図るため大型機械による播種が実施されるようになっている。
播種量は作付の時期によって若干異なり、夏ソバの早まきでは10e当り5s前後で、秋ソバの場合は6〜7sが基準であるが、各作期とも早まきほど少量でよい。

●施肥
施肥は前作によっても異なるが、他の作物にくらべ少量でよく、一般的に吸肥力の強い作物とされている。とくに、窒素を多用するとかならず過繁茂になり倒伏するので、十分な注意が必要である。
一般には、窒素質の少ない畑作用の化成肥料が用いられるが、可能な限り堆肥を施用することが望ましい。

●管理
ソバは他作物にくらべ手間のかからない作物である。生育が非常に早いので雑草をおさえる利点をもっている。したがって、すじまきでは雑草の繁茂状態により開花までに中耕・土寄せを一回行い、除草と兼用すれば十分であり、ぱらまきでは不必要である。
また、ソバは、根の張りが浅く、茎も軟弱なため、深めの土寄せは倒伏防止にとって効果的である。
                                 
●収穫・脱穀・乾燥・調製
ソバの栽培にとって最も労力のかかるのは収穫以降の一連の作業である。
収穫作業は従来はほとんど手刈りであったが、最近は省力のために収穫機が利用されつつある。
収穫後の乾燥および玄そばの調製は、ソバの品質を左右する重要な作業過程であり、特に、火力乾燥などの高温は絶対避けるべきで、天日または通風乾燥が望ましい。
また、収穫後の圃場における後熱(こうじゅく)および乾燥に際しては十分な配慮が必要であり、小規模の栽培では島立やハザかけの上にビニ−ルがけをして雨を避けると品質が低下しない。
玄そばの調製については、可能なかぎり精選する必要がある。

ソバの生育と栽培概要
・・・信州大学農学部の栽培事例から・・・

1.大型機械による播種

@ 穀物用のロータリーシーダーの利用により一回の走行で
  八条の播種が可能。


A 播種量はホッバーの基部のくり出し用の穴ロールの回転数
  と走行速度によって調節する。


B ロータリーで耕起しながら種を播き、最後部のローラーで
   覆土(ふくど)と鎮圧(ちんあつ)を行う。
2.ソバの生育過程

@ 発芽4〜5日でほぼ出揃う。
   
  写真は播種後6日目の様子。
  小規模栽培ではネキリムシの食害に注意。

A 播種後20日目、開花前の様子。
  ヨトウムシの発生に注意。

B 播種後30〜35日の開花最盛期
  (品種は夏ソバの牡丹そば)。

C〜D 収穫適期の状況(播種後75〜80日目)。
3.収穫・乾燥・脱穀作業

@ 自脱型コンバイン(稲・麦用)利用による機械刈り取り・
   脱穀及び選別の一貫作業。

A 手刈り後の天日(てんび)乾燥(島立て)。
   乾燥の方法の良否は玄そばの品質にとつて最も重要。

B たたき棒による昔ながらの脱穀作業。
   小規模の場合は比較的実用的。
四、採種。

ソバは虫媒(ちゅうばい)による他家受精作物なので品種や
在来系統の維持には写真のようにネット(寒冷紗)による
隔離栽培が必要である。