そばちゃ【蕎麦茶】


蕎麦茶はソバの栄養素を飲用する健康茶の一種。
昭和53年(1978年)に市販製品として開発された。ソバの芳ばしい香りとまろやかな風味に特徴がある。製法は玄ソバを蒸気で蒸したのちに黒い殻を取り除いたソバの実(そば米)を焙煎するもので、焙煎後の体積がもとの粒子の二倍以下になるように水分、温度、焙煎時間を調整すると好ましい風味がかもし出される。
成分はソバ100%であり、たんぱく質、ビタビン類、ルチンなどが多く、タンニンやカフェインのような刺激性成分はほとんど含まれていないので睡眠を妨げることもなく、また煎じ薬的なクセもないので、毎日飲用できる健康茶として定着すると思われる。