そらにえ【空煮え】


茹でる時の火加減が強すぎて、そばの表面は茹で上がっているが、芯が残っていること。この芯は「こし」ではなく、混同されやすい。江戸言葉で嘘を「空つこい」とういうことが語原。