たけながし【竹流し】  
            参考リンク   そばかし【蕎麦菓子】

青森県弘前市にある「大阪屋」の名物そば菓子。京八ッ橋に似た風雅な味で知られている。
大阪屋は創業360年余の、初代より津軽藩の御用菓子司をつとめてきた老舗。竹流しは、大阪屋四代目福井三郎右衛門橘包純が安永2年(1773)に創製したものといわれ、津軽の金鉱で、青竹を縦に割り、節と節との間に金を流し固めているのを見て考案したという。
当初は長さ18p、幅6pほどもあったが、のちに食べやすく小さくした。そば粉(一番粉)に小麦粉と砂糖を加えて水で練り上げた生地をめん棒で丸くのし、四つただみにして縦7p、横3pほどの短冊型に切る。これを鉄板に並べて焼き上げる。