たんごそば【端午蕎麦】  
               参考リンク   ぎしきそば【儀式蕎麦】

五月五日の端午の節句にそばを食べる慣習のこと。
雛祭に食べる「雛そば」と比べると、そうした慣習は少ない。
最も古い記録としては、元禄八年(1695)に日光東照宮に端午の祝儀としてそば粉が献上されたとあり、恒例の行事となっていることから、献上のそば粉でそばを打ったものと思われる。
『御番所日記』元禄八年(1695)五月四日の条に「一御門主様江端午之御祝儀そばこ七升献上 惣社家中」とある。『小堀屋秘伝書』(享和三年・1803)には、季節の品書きとして「五月菖蒲(あやめ)わり粉(小麦粉)壱升に、せうぶ細かにきり入れもむべし」と、菖蒲麺を挙げている。葉を刻むか、根をおろして小麦粉に加えたもので、そば粉を使えば菖蒲切りである。邪気を祓う端午にふさわしいめん類である。