たちそば【裁ち蕎麦】
     参考リンク  きょうどそば【郷土蕎麦】


福島県南会津郡檜枝岐村は、徳島県の祖谷と並んで平家の落人集落の秘境として、またソバどころとしても知られている。その檜枝岐に伝わる、独特の手法で打つ郷土そば。
そば粉を熱湯で良く揉ん両手に入るくらいの玉を四〜五個作る。これを一つずつ長さ八〇p、直径八pほどの太く短いめん棒でのばす。両手で静かに延ばして直径約六〇pの円形にする。四〜五枚延ばし終えたら、延ばしたもの全部を重ね、小間板を使わずに包丁切りを行う。丁度布を裁断するように、包丁を手前に引いて切るので、裁ちそばの名がつけられた。

裁ちそば
   円形にのばし、重ねて、手駒で切る。

ひきそば【引き蕎麦】
 
群馬県利根郡片品村で行なわれているそば切り。丸出ししたそばを半切りして数枚重ね、菜切り包丁を手前に引いて切る。福島県南会津郡檜枝岐村の「裁ち蕎麦」と同じ要領。