とみくらそば【富倉蕎麦】
    参考リンク  きょうどそば【郷土蕎麦】


 信州蕎麦の一つ。長野県飯山市富倉のそばは、山ゴボウ(オヤマボクチ)の葉をつなぎにして打つ。
ヤマゴボウの葉は六月中旬ごろ、山野に自生しているものをつみ取り、良く乾燥させてから手で揉んで、葉脈(モグサのスジのようなもの)だけを残す。炭酸ソーダで煮て、葉脈だけにしたものを水洗いしてもよい。
県下の山村ではそば打ちに同様のつなぎを使う土地が多い。


富倉そば
山ゴボウの実の繊維を打ち込み、のばしてからしばらく乾燥させる。生地は紙のように薄い。(長野・野沢温泉)