ともつなぎ【友繋ぎ】
               参考リンク  ともこ【友粉】
                       うちこ【打ち粉】

そばを打つとき、つなぎに「友粉(ともこ)」つまり同じそば粉を用いること。
粉の一部を湯に溶き、そばの「糊」(共糊=とものり=ともいう)を作る。これを水代わりに練り込むことでつなぎの役目をする。生そばの打ち方の一種。そばのつなぎが弱いときにこの手法がとられる。『蕎麦全書』下の蕎麦煮湯煉の条にも「そば湯の濃きもの、そばねりの薄き物にて煉る也。此法至極よろし」とある。