としこしそば【年越し蕎麦】  その二
  別名: 
としとりそば【歳取り蕎麦】
        おおとしそば【大年蕎麦】
        おおつごもりそば【大晦蕎麦】
        おおみそかそば【大晦日蕎麦】
        としとりそば【歳取り蕎麦】
        うんきそば【運気蕎麦】
        うんそば【運蕎麦】
        ふくそば【福蕎
麦】


大晦日に食べるそば。
現代も歳末の風物詩となっているが、江戸時代から庶民の間に定着をみた食習慣となっている。その由来については、次のような諸説がある。
@ 鎌倉時代、博多の承天寺で年の瀬を越せない町民に世直しそば≠ニ称して、そば餅を振る舞ったところ、翌年からみな運が向いてきたため、大晦日に「運そば」を食べる慣わしが生じたという。
A 室町時代、関東三長者の一人増淵民部が毎年の大晦日に無事息災を祝い「世の中に目出度いものは蕎麦の種、花咲き実りみかどおさまる」と歌い、家人ともどもそばがきを食べたのがおこりとする三角縁起説。
B そば切りは長くのびるので、延命長寿や身代が細く長くのびるようにと願う形状説。「寿命そば」「のびそば」ともいう。
逆に、そばは切れやすいから、旧年の労苦や災厄をきれいサッパリ切り捨てようと「縁切りそば」「年切りそば」。あるいは一年中の借金を打ち切る意味で「借銭切り」「勘定そば」といい、必ず残さずに食べなければいけない。従って、縁起をかつぐ地方では太く長かれと「運どん」(饂飩)を食べる。
C 金銀細工師が散らかった金粉を寄せるのにそば粉を使うため、金を集める縁起で始まったという。
D 『本朝食鑑』に「蕎麦は気を降し腸を寛(ゆるく)し、能(よ)く腸胃の滓穢(しわい)積滞を錬(ね)る」とあり、新陳代謝により体内を清浄にして新年を迎えるというそば効能説。ネギを添えるのも、清め祓(はら)う神官の禰宜(ねぎ)に通じるからだという。
E ソバは少々の風雨に当たっても、翌日陽がさせばすぐ起き直る。それにあやかって、来年こそはと、捲土重来を期して食べるという。また、旧年を回顧し反省する「思案そば」もある。