うこんきり【鬱金切り】  「変わりそば」の一種。
きぎり【黄切り】


ウコンの粉末をさらしな粉に練り込んだ変わりそば。
そば粉の一〜二%の割合でウコンの粉末を混ぜて打つ。黄色い色物のそばが出来る。
ウコンは、ショウガ科の多年草で、ターメリック≠ニも呼ばれ、その濃黄色の根を香辛料として用いる。カレー粉の主原料として良く知られる。沢庵漬の色付けにも使われる。

きぎり【黄切り】ともいう。