うちぼう【打ち棒】  
のしぼう【延し棒】  
めんぼう【麺棒】
    


そばを打つ時に使う棒。地方では一本で兼用するが、江戸風は三本を使用。のし棒一本はやや太く短く、直径三p、長さは約九〇p。巻き棒二本はやや細く長く、二・四p位の太さで、長さは一二〇p以上である。
檜(ひのき)が最良とされ、他に樫(かし)、朴(ほう)の木が用いられる。 


           めん棒