わんがき【椀掻き】
     参考リンク     そばがき【蕎麦掻き】
                なべがき【鍋掻き】



椀でかく(掻く)「そばがき」の意味。
抹茶茶碗(事前に温めておく)などにそば粉を入れ、煮え立つ湯を注いで、かき混ぜて錬るあげる。
椀がきは、鍋がきにくらべ香りにおいて勝るものの、失敗しやすく、なめらかさにかけることが多い。
湯の量は、そば粉一・五倍が目安。さらし粉の場合は、二倍近く加える。