わんこそば【椀子蕎麦】
                     参考リンク  きょうどそば【郷土蕎麦】

岩手県の旧南部藩領に伝わるそば振る舞いで、平椀(方言で椀コ)に盛るところから出た名称である。
旧家の振る舞いには給仕人が大勢いて、客の椀があくとすぐ後ろから、ひと口かふた口くらいのそばを投げ入れ、ひっきりなしにおかわりを無理強いする。これをオテバチ(御手鉢)といって客人に対する一番のご馳走というわけで、そば椀に蓋をすれば攻撃から逃れられる。
南部地方の家庭では祝儀、不祝儀を問わず行われ、精進の時の薬味は、海苔・ネギ(秋にはセロリ)・刻みクルミの三種。そうでもないときはマグロの刺身・筋子・腹子などが出される。そば店では花鰹、ナメコ、鶏そぼろ、漬物と、大根に唐辛子を挟んでおろした権八辛味を加える。