わりごそば【割子蕎麦】
             参考リンク   いずもそば【出雲蕎麦】
                          かまあげそば【釜揚げ蕎麦】
                     きょうどそば【郷土蕎麦

「出雲そば」を代表するもの。
割子そばはそばを盛る容器から出た名称で、昔は春慶塗りの杉か檜製の角形であったが、明治年間は長方形、明治から大正にかけて小判型、そな後、昭和十二年(1937)から現在銀杏製の丸形に変わった。
食べ方は、そばの上から汁を少しずつかけて自分で味加減を確かめながら食べる出雲そば独特の食べ方である。
薬味は、青ネギ、南蛮おろし(大根に赤唐辛子を挟んですりおろしたもの)、カツオ削り節、磯海苔の四品と別に生卵がついてくる。
通常は、割子三枚でほぼ一人前の分量である。

三段で一人前が一般的  容器は丸、角、小判型いろいろ