よたかそば【夜鷹蕎麦】
             参考リンク   よそばうり【夜そば売り】
                    ふうりんそば【風鈴そば】

夜鷹は夜間に路傍で客を引き売春した私娼の江戸語で、京都は辻君、大坂では惣嫁(そうか)と呼んだ。夜そば売りが、いつごろから夜鷹そばと呼ばれるようになったかは明らかでない。
しかし、宝暦三年(1753)写本の越智久為著『反古染(ほうぐぞめ)』に、「元文(1736〜41)のころより夜鷹蕎麦切、其後手打蕎麦切、大平盛り、宝暦の頃風鈴蕎麦切品々出る」とあり、元文よりも古いことは確かである。
夜鷹そばの由来については諸説まちまちである。『守貞漫稿』五編には、夜鷹そばは夜鷹(夜に路傍で売春した私娼の江戸語)がもっぱら夜売りそばを食べたからだ、と書いてある。
また、夜鷹には「二十四文」の異名があって二四文が相場だったが、最下等の夜鷹が一〇文で買えたことから「十文」と称し、それから転じて一〇文売りの夜そばを夜鷹そばといったとの説もある。
これに対し、落語家の三遊亭円朝は『月謡荻江一節(つきにうたうおぎえのひとふし) −荻江露友伝』のなかで、「夜鷹そばは夜鷹が食うからではない。お鷹匠の拳(こぶし)の冷えるのに手焙(てあぶ)りを供するため、享保年間(1716〜36)往来に出て手当てを致し、其簾(そのかど)を以て蕎麦屋甚兵衛という者が願って出て、お許しになったので夜鷹そばというがナ。夜お鷹匠の手を焙るお鷹そばというのだ」と語り、お鷹そばが転訛して夜鷹そばになったという説である。
貞享三年(1686)刊、西鶴作『好色一代女』巻六、夜発(やほつ)の付声のくだりに、「定(さだま)りの十文にて各別のほり出しあり」、「上中下なしに十文に極まりしものなれば、よい程がそれぞれの身のそんなり」などと、器量のよしあしに関係なく、花代は一〇文が決まりだとある。したがって夜鷹そばの呼称は、享保年間よりさら
にさかのぽるようだ。

● 夜鷹そば
図版の右上に夜鷹の女性、
下に夜そば売り。(『江戸職人尽』より)