ずるだまうち【づる玉打ち】
                     参考リンク   くくり【括り】

そばを錬る時、通常より加水量を意図的に増やし、柔らかにして捏ねやすいようにして打ち上げたもの。軟らかいので練り込むのに力がいらない。疲れてくる仕事ズルける所から来た言葉。軟らかい玉を打ちたくなるのが人情だが、艶はなく、水っぽく、風味は落ちる。